「聞」の思想とは?

NO IMAGE

「きく」という言葉には2種類の使い方が

あるとよく言われます。

「聴く」と「聞く」です。

二つ合わせて「聴聞」と書きます。

さて、上の「聴く」と「聞く」の前に

「聴聞」の意味はなんでしょうか?

辞書によりますと、

説教や演説などを耳を傾けて聞くこと。

と書いてあります。

そして「聞く」は

耳で音や声を感じとる。たずねる。従う。

「聴く」は

耳を傾け、注意して聞き取る、となっています。

どちらかと言えば、「聴く」の方が積極的かつ

主体的に「きく」イメージがあります。

ですからコーチング手法の中では

「聞く」から「聴く」へと言われます。

しかし、そう単純に片付けてはいけないようです。

「聞く」の意味を深堀すると

「相手から勝手にしのびよってくる」

「相手から勝手に伝わってしまう」

「相手から勝手に調和してしまう」

という受動的なアプローチの意味ではありますが、

つまり積極的な「聴く」をしなくても

勝手にわかっていってしまう、という考え方です。

これを「聞」の思想と言います。

つまり「聴く」とは左脳型であるのに対して、

「聞く」は右脳型でもあるのです。

心の状態を平穏にし、周りを観察し、対話するだけで、

「勝手に」情報が伝わってくるというものです。

そのためには、聞く側の心の状態がものを言います。

心を安らかにし、自分自身と対話し、周りの情報に

身をゆだねられるような状態です。

そうなると相手の声なき声も勝手に

「聞ける」ようになってきますので、

相手の言葉の情報だけでない情報も

得られるようになります。

それを物事の本質がわかる、といっても

過言ではあります。

そのためにも、自分の心の在り方というものが

重要になってきます。

マネジメントの法則カテゴリの最新記事

Translate »