グーグルが求める人材像。

NO IMAGE

企業の時価総額が世界第3位(40兆円)を誇る、

世界的IT企業といえばグーグル。

そのグーグルが求める人材5条件がニューヨークタイムズに

発表されていましたので、お伝えしたいと思います。

以下、抜粋

大学の成績評価(GPA)は採用基準として価値はなく、

試験の点数は何の役にも立たない。

こうした数字からは何も予測できないことがわかった。

また、グーグルでは大学教育を受けていない人

の割合は徐々に増えている。

1.全体的な認識能力であり、知能指数ではない。

認識能力とは学習する能力であり、状況に応じて、

処理する能力で、種類の異なる情報の断片を

組み立てる能力である。

2.従来型のリーダーシップではなく、創発的なリーダーシップ。

従来型のリーダーとは、以前、何の役職であったとか、

どれくらいの速さでその地位にいたとかである。

創発的リーダーとは、問題に直面した時に、

適切なタイミングで進み出てチームをリードできるかだ。

かつ、自分は後ろに下がり、指揮をとるのをやめ、

ほかの誰かに任せられるかだ。

実行力のあるリーダーに重要なのはいつでも権力を

手放す覚悟である。

3.問題解決に向けて、「責任感と当事者意識を持って

参加する気持ち」。そして他者のよりよい考えを受け入れる

謙虚さ。「最終目標は問題解決に向けて、みんなで

協力して何ができるか。自分なりの貢献をしたら、

身をひくこと。

4.謙虚さに加えて、プライドの高い自分と低い自分を

持ち合わせている。つまり熱い主張と信念を持っていて、

自分の考えを信じてやまない。でも、別の人が「ここに

新しい事実がある」と言うと、「それなら状況は変わるね、

君が正しい」と言うのである。」

5.最後に専門性であるが、実はそれほど重要ではない。

例えば上記4条件を満たした素人に財務等をまかせると、

専門家はすぐにできるかもしれないが、大抵は素人も

同じ答えを見つけてくる。確かに素人はたまにへまをするが、

時折、まったく新しい答えを見つけることがある。

そこに大きな価値がある。

学校に行かず努力によって成功している人は傑出している。

学位や学校の勉強は能力の代わりにはならない。

世の中が重視するのはその知識を使って、何ができるかだけである。

集団の力によってイノベーションが起こる機会が増えている

時代には、リーダーシップや謙虚さ、協調性、適応力、学習や

再学習への熱意といった多くのソフト面のスキルが重視される。

これはどんな仕事をしても真実といえるだろう。

【PR】———————————————————-

M&Aをした10年赤字の会社を8か月で黒字化!本業は連続増益!
儲かる会社に変える「事業発展のコツ」セミナー、初開催です。

詳しくは下記へ

https://circle-win.com/ootani/

【お知らせ】———————————————————-

弊社の提携先で助成金・補助金の取得支援をしている会社があります。

先日「Yahoo!」さんとも提携し、大変人気のようです。

実は弊社でも申請を幾つか検討して、進めようと思っているのですが
もし皆様でも使えるものがあればと思い、お知らせしました。

2013年は、こちらのようなものが大変人気だったそうです。

・20名以下の会社が新規事業を始めると、200万円もらえる
・35才以下の人材を採用すると、15万円×24ヵ月もらえる
・社員教育が500万円まで無料で実施できる
・社内研修ミーティングを3時間以上実施すると、1人5000円もらえる
・別会社を作ると、700万円もらえる
・東京都のモノ(なんでもOK)を売るサービスを始めると、400万円…

上記のようなものが合計で3000種類もあるとのことでした。
そういった情報を集めた「クラウドツール」を作り提供中です。
弊社も登録しています。(登録は無料です)

・Jマッチ:
https://tinyurl.com/qhugxed

もしよければ、こちらの会社をご紹介させていただきます。
随時、説明会を開催しているそうですので、チェックしてみてください。

マネジメントの法則カテゴリの最新記事

Translate »