リーダーシップのカタチ

NO IMAGE

リーダーシップとはいったい何か?

この答えを見つけるために、組織行動論の観点から最初に考えられたのが、
・リーダーにふさわしい人はどんな人か
・リーダーはどのような発言、行動をすれば、チームは一丸と  なるのか?
という問いの答えを探すものでした。

よく言われるのが、カリスマ性、責任感、人間力、信頼関係、コミュニケーション力など、とても抽象的な言葉が使われます。
そして、部下に尊敬される振る舞い、発言、弱みを見せてはいけない、などとも言われます。 
 

リーダーになった方、または目指す方はこれらを身につけようとします。
それはそれでもちろん大事なことですし、リーダーということだけでなく、人間として大切な能力でもあると思います。

しかし、研究者が導いた答えは違ったものでした。
この上の二つの問いでは、ある条件では、機能するが、 異なる条件では機能しない、などの結果が現れるようになったのです。
そこで、ひとつの仮説が立てられました。
組織行動の中に、ひとつの決まった答えがあるのではなく、 状況に応じて、やり方を変える必要があるのではないか、という観点から研究がはじまったのです。

この研究を行ったのが、フレッド・フィードラー博士で、まず職場環境を3種類に分類しました。
1.リーダーとメンバーの信頼関係はあるのか
2.業務がルーチンであるのか
3.リーダーの報酬や権限の度合いがどれくらい大きいか

そして、リーダー像を2種類に分類してみたのです。
一人はきっちりしていて細かく指示をだし、部下からの提案も あまり受け入れないタスク型リーダー。
もう一人は全体的にルーズで指示もあまり細かくなく、どちらか というと人間関係を重視するリーダー。
結果は、職場環境が信頼関係があり、業務もルーチンであり、リーダーの権限が与えられている場合、タスク型リーダーの方が成果がよかったのです。
では、逆の場合はどうか。

信頼関係もない、業務もルーチンではない、リーダーの権限が低い場合、これもタスク型リーダーの方が成果が高かったのです。
では、人間関係重視のリーダーは、ダメなのかというと、職場環境が中間ぐらいだと、タスク型よりもよい成果を出すそうです。
確かに、企業全般を見て、人として魅力を感じるような上司もいますが、部下としては嫌いでも仕事の細かい指示を出してくれる方が、わかりやすいし、成果もでやすい。

そして、成果もでれば、仕事も面白くなるでしょうから、育成もされていくのでしょう。
となると、リーダーは職場環境をかんがみて、リーダー像を変えることも
必要なのかもしれません。

タスク中心でいったり、人間関係中心でいったり、状況に合わせて、 自分が変えていく必要がありそうです。

マネジメントの法則カテゴリの最新記事

Translate »