劣等感に悩まされているあなたの本当の心とは

NO IMAGE

世の中には、劣等感に悩まされる人がたくさんいます。

学歴、年収、才能、身長、容姿、モテるモテないなどなど、

いろんなことで劣等感に悩まされます。

(もちろん、自分も悩まされます(^^))

では、なんで悩まされるかといえば、の本質は 「自分のことばかり考えているから・・・」

再度、言いますと 「自分のことばかり考えているから・・・」なのですね。

劣等感に悩まされるときというのは、どう考えても精神衛生上よくなく、気分もなんかどんよりしています。

じゃあ、なぜ、劣等感の本質が自分のことばかりなのかといえば、 劣等感=誰かとの比較 だからです。

自分と他人の比較をすると、悩まされていきますね。

じゃあ、比較しないで、自分は自分、人は人、と割り切れるかといえば、そうでもない。

(そんな人格者のようには現実、なれないものです)

劣等感というのは、人間の本能である自己重要感が満たされていないときに、感じるもの。

(ちなみに自己重要感とは、簡単にいえば、自分を認めてもらいたいという欲求)

自己重要感が満たされていないと、これ本能みたいなものですから、なんとか自分の自己重要感を高めるためには、誰かより優位にたっていたり、または何とかして自分のよいところを本能的に探します。

そうすると、24時間、頭の中はいつも「自分のことばかり考えてしまうのです」

どういうことかといえば、

「どうやったら、仕事がうまくいって、まわりが自分のことを認めてくれるだろうか?」とか

「どうやったら、あいつの吠え面をかかせてやれるか?」とか

「どうやったら、自分は幸せになれるのだろうか?」とか

すべて、自分、自分になってしまいます。

そうなると、心はどんどん病んできます。

そんなときは、少し、相手、それはだれでもいいですが、友達、両親、同僚、上司のために、何ができるかを考えて、実践すると、心がラクになって運がまわってくる、と思います。

モチベーションの法則カテゴリの最新記事

Translate »