天に唾を吐く、その本当の意味とは???

NO IMAGE

天に唾する
by四十二章経

この言葉は誰もが一度は聞いたことが あると思います。

念のためですが、 これは中国の四十二章経に記されているもので、 天に向かって唾を吐いても、空を汚すことなど出来ず、 吐いた唾が自分の顔にふりかかってくることから、人に害を与えようとして、かえって自分がひどいめに合うことのたとえです。

これを中国の算命学での帰り矢現象で、違う切り口で説明しています。
例えば、一生懸命に仕事をすると、ある日、 突然、クモ膜下出血やうつ病になったりする例が あります。
単なる過労ということではなくて、 どうやら運命的な災厄を現しているようなのです。

「天に唾を吐く」は人に害を与えると、 自分に降りかかることを意味していますが、 この帰り矢現象は人に害を与えるということではなくて、一生懸命に何かをすると、自分に何かが返ってくることを意味しています。
それは自分の弱いところ、愛するものに矢が帰るというものなのです。
上の例では、自分のカラダに矢が帰りましたが、 健康な人であれば、家族に禍いをもたらしたり (奥さんの病気や子供が反抗するなど)するそうなのです。
この帰り矢の意味は成功して、幸せをつかもうとすると、矢は平等に苦しみをも同じだけもたらす原理なのだそうです。

では、その矢からどのように回避すればいいの でしょうか?

それは少し損をする感じが良いのだそうです。
例えば、仕事等で一生懸命、成果を出す姿勢は 悪くないのですが、その一生懸命のエネルギーが そのまま跳ね返ってこないように、 エネルギーのガスをあらかじめ抜いておくことがいいのです。
そのガスを抜く作業が損することや、 善い行いをすることなのです。
損することとは、人にプレゼントをするとか (損という感覚はないかもしれませんが、自分の懐からなくなったという損の感覚です) 人に親切にする善行とかになります。
つまり一生懸命やることはいいことと世間では 言われていますが、そうなると必ず何かしらの代償を支払わなければなりません。
それが大きな代償とならず、小さな代償程度に済ませるためには、先ほどのガス抜きが 必要になってくるのですね。

モチベーションの法則カテゴリの最新記事

Translate »