少数精鋭な組織の作り方

NO IMAGE

少数精鋭主義と最近よく言われます。

いわゆる労働の生産性を高めたいという経営者側の要望ですね。

最初から優秀な精鋭を選び、少数精鋭部隊を作ろうとするのですが、

そこで経営者がよく言うのは「社内を見渡しても少数精鋭となる人材がいない。。。。」ということです。

しかし、この坪内さんは違いました。

坪内さんは

「わがグループにエリートなんかいらない。最初から優秀である必要もない。素質的には平凡な人間でも、鍛えていけば、おのずから優秀になる。鍛えるということは、いろいろな仕事を経験させることです。」

社員を、いえ、人間の能力を信頼していた言葉ですね。

なかなかここまで、社員を信じて、任せられることも多くはないでしょう。

今の時代、少数精鋭にしようとすると、文句を言う人も多くなってきました。

ですから、額面通りのやり方をしても失敗します。

そこで、この方法をとる場合に必要なのは

1.いかに期待しているかをまず伝える。

2.少数精鋭になり、仕事量が増えると、段取りが今までとは異なります。

 そこで、仕事の進捗状況を上役側から確認をする

3.すぐに良い結果がでるわけではないので、途中、途中でやり方をアドバイスする。

4.小さな成功体験を積ませることで、自信と仕事のスキルが高まる。

マネジメントの法則カテゴリの最新記事

Translate »