最大の経営能力とは○○であります(1)

NO IMAGE

 

経営に必要な最大能力はなんでしょうか?

これは松下幸之助さんもよく使う言葉ですし、

かのビルゲイツも似たようなことを言っています。

経営に必要な最大能力とは「運」です。

どんなに能力が高くても、この運に見放されると、

上手くいくものも上手くいかなくなります。

いい商品、いいマーケティングであっても、

それを市場が最終的にイエスと言ってくれるか、くれないかは

誰もわかりません。

そこは運任せと言っても過言ではありません。

経営者はある程度、確信して英断していますが、

それでも、それがうまくいくかどうかまでも

確信するほど傲慢ではありません。

そこで、今回は財界、政界の指南役として有名な

M氏の運を味方にする経営をお届けします。

——————————————
「運を味方にする経営術」

1. 経営は運があるかどうかで決まる。
 
   ●運の存在を信じること。       
  ●運を味方にして成功したい。      
   ●人の何倍もの知恵を使い、気をつかい、努力し、
  顔に苦労が出ない人が運いい人
   ●自分は運がいいと言える人                
  成功していく人、うまくいく人はやはり運を
  
  味方にしているんですよね。
  
  ですから、運の存在というものを信じて欲しいなあ、
  
  と思うんですよ。人生における自分の運気の中では、
  
  どうしようもないことというのが出てきます。
  
  でね、運のある人と言うのは、人の何倍も知恵を使い、気を遣い、
  
  努力してね、でも顔には苦労が出ない人ですね。こういう人が
  
  やっぱり運がいいと。
  
  で、“自分は運がいいなあ。”と思って下さいよ。
  
  そうしないと運がやってこない。
  
  やっぱりね、運を呼ぶために努力していかないと、
  
  運は呼ばないですよ。
  
  待ってて運が来るのであれば、
  
  誰でもそれが一番いいですよね。
  
  やはり、運というのは努力しないといけないということですよね。

  第2回に続きます。。。

  ————————————————————————————-

■今月よりビジネスキャディ事業部がスタートしました。

早くも少しずつお問い合わせをいただいております。

この場をお借りしまして、御礼申し上げます。

ビジネスキャディ事業部の提供項目は下記の通りとなります。

★組織における人材の配置や採用、教育面
★後継者選びとタイミング
★新規事業への参入タイミングと人選
★適切な人材の活かし方と脳力チェック
★経営者・社員の資質診断
★運が味方する経営・ビジネス手法
★起業家全般のサポート業務

ただいまプレオープン中のため、「経営者・社員の資質診断」
 無料で実施いたします。

診断ご希望の方は
会社名・お名前・生年月日・
「経営者・社員の資質診断」希望!と
 ご記入の上、下記まで送信ください。
info@circle-win.com

【PR】———————————————————-

M&Aをした10年赤字の会社を8か月で黒字化!本業は連続増益!
 儲かる会社に変える「事業発展のコツ」セミナー、初開催です。

セミナーの様子は下記へ
https://www.youtube.com/watch?v=HneOKNC4XWw

詳しくは下記へ
https://circle-win.com/ootani/

【お知らせ】———————————————————-

弊社の提携先で助成金・補助金の取得支援をしている会社があります。
  
 先日「Yahoo!」さんとも提携し、大変人気のようです。

実は弊社でも申請を幾つか検討して、進めようと思っているのですが
 もし皆様でも使えるものがあればと思い、お知らせしました。

2013年は、こちらのようなものが大変人気だったそうです。

・20名以下の会社が新規事業を始めると、200万円もらえる
 ・35才以下の人材を採用すると、15万円×24ヵ月もらえる
 ・社員教育が500万円まで無料で実施できる
 ・社内研修ミーティングを3時間以上実施すると、1人5000円もらえる
 ・別会社を作ると、700万円もらえる
 ・東京都のモノ(なんでもOK)を売るサービスを始めると、400万円…

上記のようなものが合計で3000種類もあるとのことでした。
そういった情報を集めた「クラウドツール」を作り提供中です。
 弊社も登録しています。(登録は無料です)

・Jマッチ:
https://tinyurl.com/qhugxed

もしよければ、こちらの会社をご紹介させていただきます。
 随時、説明会を開催しているそうですので、チェックしてみてください。

————————————————————————————————-

黒字化の法則カテゴリの最新記事

Translate »