経営理念を社員に浸透させるには、○○も必要です。

NO IMAGE

中小企業、小規模事業の経営者や幹部の方と

 

お会いしていると必ずこんな会話になります。

 

私「御社の経営理念を拝見できますでしょうか?」

 

社長「あー、あそこに飾ってあるものがそうだよ。」

 

私「ありがとうございます。社長の想いが詰まった理念ですね。」

 

社長「まあ、色々とセミナーに行ったり、コンサルタントにアドバイスを

   もらったりして、なんとか作ったよ。」

 

私「それは大変なご苦労でしたね。それで、どれくらい社員に

  浸透しているのですか?その経営理念は。。。」

 

社長「。。。。。どれくらいだろう、わからないなあ」

 

これまでの経験則で言えば、

 

「わからないあー」という答えがほぼ正解で、

 

ほとんどが浸透していると思うよ!という

 

社長や会社に限って、社員にヒアリングすると

 

「経営理念?あまり意識したことないですねー。

 

 特に上司もそれについては触れませんしね」

 

なんて言う答えが多く返ってきます。

 

確かに経営理念はその会社や根本となる考え方が

 

明文化されているものなので、大事なものではありますが、

 

それだけ掲げたり、唱和しているだけでは、

 

なかなか浸透していきません。

 

なぜ、浸透していかないのかと言えば、

 

「あまりにも抽象的すぎて、具体的な行動をどうとれば

 いいかがわかりにくいから・・・」にほかなりません。

 

例えば、

 

○○事業を通して社会への貢献と豊かな未来を創造していきます。

お客様と社員とお取引先の自己実現を支援し、

社会に必要される価値を提供し続け、常にチャレンジ精神を忘れることなく

邁進していく企業グループです。

 

という経営理念があったとき(よくありがちな内容ですが)、

 

言いたい内容はなんとなくわかるけれども、では、具体的にどのような

 

行動を起こせばいいのか、といえば恐らく人によってまちまちでしょう。

 

もし、スタッフに会社の経営理念に沿った行動を起こしてもらいたければ、

 

抽象的な言葉ではなく、具体性のある言葉で投げかけなければ

 

なりませんし、具体的な表現が書かれた説明書が必要です。

 

上の例でいえば、

 

社会への貢献とは、具体的にどういうことを言うのか?

 

豊かな未来とはどんな未来を指すのか?

 

などであり、社長は言えても、役員や部長では

 

言えなかったり、認識がズレているということは

 

かなりあるはずです。

 

経営理念の説明書を一人一人に持たせれば、

 

共通認識度合いは高まるでしょう。

 

採用面接の時にそれを見せれば、

 

面接する側も会社像が明確化されて、

 

合う、合わないを採用前に会社側も本人も

 

判断できるでしょう。

 

中小企業に必要なのは経営理念と経営理念説明書ですね。

 

——————————————————————————-
中小企業に大好評!おかげさまで3万件突破いたしました!。
「各種経営支援ツールを格安でお試しいただけます」

https://tinyurl.com/mp9ossu

 

■ビジネスキャディ事業部のご案内

コンサルティングでもない、コーチングでもない、

ポジショニングとしてスタートしております。

コンサルティングやアドバイザーは当然ながら

結果責任を持てません。

そのために、最初からその位置づけをはっきりしたうえで、

ゴルフのキャディのように、社長や組織の空気を読んで、

アドバイスさせていただきます。

ビジネスキャディ事業部の提供項目は下記の通りとなります。

★組織における人材の配置や採用、教育面
★後継者選びとタイミング
★新規事業への参入タイミングと人選
★適切な人材の活かし方と脳力チェック
★経営者・社員の資質診断
★運が味方する経営・ビジネス手法
★社長のラッキーカラーとラッキーナンバーを活用した
 コーポレートカラー、ロゴデザイン
(実際に業績UPにつながります)
★起業家全般のサポート業務

ただいま「経営者・社員の資質診断」
無料で実施いたします。

【PR】———————————————————-

M&Aをした10年赤字の会社を8か月で黒字化!本業は連続増益!

儲かる会社に変える「事業発展のコツ」セミナー、初開催です。

セミナーの様子は下記へ

https://www.youtube.com/watch?v=HneOKNC4XWw

詳しくは下記へ

https://circle-win.com/ootani/

 

【お知らせ】———————————————————-
弊社の提携先で助成金・補助金の取得支援をしている会社があります。

先日「Yahoo!」さんとも提携し、大変人気のようです。

実は弊社でも申請を幾つか検討して、進めようと思っているのですが

もし皆様でも使えるものがあればと思い、お知らせしました。

2014年は、こちらのようなものが大変人気だったそうです。

・20名以下の会社が新規事業を始めると、200万円もらえる

・35才以下の人材を採用すると、15万円×24ヵ月もらえる

・社員教育が500万円まで無料で実施できる

・社内研修ミーティングを3時間以上実施すると、1人5000円もらえる

・別会社を作ると、700万円もらえる

・東京都のモノ(なんでもOK)を売るサービスを始めると、400万円…

上記のようなものが合計で3000種類もあるとのことでした。

そういった情報を集めた「クラウドツール」を作り提供中です。

弊社も登録しています。(登録は無料です)

・Jマッチ:

https://tinyurl.com/qhugxed

マネジメントの法則カテゴリの最新記事

Translate »